「パフォーマンスが恋しいとは感じない」 キャメロン・ディアスが現在の生活や心境を明かす

photo:gettyimages

『マスク』『メリーに首ったけ』『チャーリーズ・エンジェル』『ホリディ』などなど、多くのヒット作に出演してきた女優のキャメロン・ディアス。2014年の『ANNIE/アニー』を最後に、女優としての活動を見ることがぱったりとなくなり、事実上引退したことが以前報じられていた。そんな彼女が、『InStyle』誌に、現在の心境を語った。

「22歳の時にこの仕事を始めた。だから、25年前ね。それって長い期間よ。私からすると、人生の半分以上を仕事に費やしたわ。だから、少しくらい休憩して人生を再築し、どのように復帰したいか選んでもいいかなって。そう決めた時の話よ。パフォーマンスをすることが恋しいとは感じない。今は健康に重きを置きたいの。でも私が何をするにしても、それに情熱を注いでいることは確かよ。気を張らなくていい何かね」

2015年に結婚した夫でミュージシャンのベンジー・マッデンについても「彼との結婚は人生で最高の出来事。彼は最高の人で、最高のパートナーよ」と、結婚生活は簡単なことばかりじゃないとも明かした。。

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:LIFESTYLE

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ