明るい髪色の方必見! キム・カーダシアンのヘアスタイリストが明かす、ブロンドヘアを綺麗に保つ方法

セレーナ・ゴメスやレイトン・ミースター、ルーシー・ヘイルなど、セレブたちの間ではいまブロンドヘアが流行中! 明るいヘアカラーは華やかだけど、痛みやすくて色も落ちやすいのがデメリット。そんな悩みを解決してくれるのがキム・カーダシアンのヘアスタイリスト、クリス・アップルトン。実際にキムが実践している、ブロンドヘアを美しく、健康的に保つ7つのルーティーンを、キムのアプリ内で教えてくれました。

photo:instagram(@kimkardashian)

1.いつもブロンドシャンプー(日本でいう紫シャンプー)を使用する。ブロンドシャンプーは髪の調子を整え、痛みを取り除いてくれる。

2.トリートメントは必須! 特にプラチナブロンドは髪の限界に達しているから、染めることによって失われてしまったものを、トリートメントで回復させて。

3.(ドライヤーやヘアアイロンなどの)温度を下げる。ダークヘアの時ほどの温度は必要ありません。高い温度のまま使用すると、色も髪質も落ちてしまいます。

4.定期的(4~6週に1度)に毛先をカットする。数センチもカットする必要はなく、ほんの少し切るだけでも、健康的で強い髪に見えます。

5.優しくブラッシングする。髪が濡れているときは、一番弱い状態だから、間隔の広いコームで、まず毛先を軽くとかしてから、全体をとかす。

6.スプレータンニング(日本では馴染みはないが、セレブの間では有名な肌を黒くする方法)をする時は、注意が必要。ブロンドヘアは、どんな色でも吸収してしまうから、ラップなどで髪を守る。

7.髪にも休憩が必要。トリートメントをして、髪をお団子にまとめて休ませてあげて。

彼が紹介してくれたのはブロンドに向けたヘアケア方法だけど、トリートメントの働きや、濡れた髪の弱さは、全部の髪色に当てはまること。正しいヘアケアで、キムのようなツヤ髪を目指そう!

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:BEAUTY

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ