[イチオシ! イケメンCollection]#15 ジョン・ボイエガ

ただ見るだけで乙女心をくすぐる罪作りなハンサム・ガイたち。むしろその罠に落ちたい(?)すべての女性たちにお贈りする、注目の男性セレブリティ・コレクション。アナタのお気に入りも登場するかも!?

ジョン・ボイエガ(John Boyega) photo:gettyimages

BACK

1/5

NEXT

鬼気迫るリアルな表現は、いつか忍者を演じるために?

2010年3月に行われた第82回アカデミー賞で、女性として初めて監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー。同賞で、作品賞にも輝いた映画『ハート・ロッカー』では、イラクを舞台にアメリカ軍の爆弾処理班たちの活動を描き、その重厚で丁寧な描写には定評があります。そして現在、ビグロー監督が、1967年の暴動事件をもとに製作した映画『デトロイト』が公開中です。

白人優位の時代ともいえる1967年7月、アメリカ・ミシガン州デトロイトで、警察に不満をつのらせた黒人たちによって暴動が発生します。やがて、ひとつの銃声をきっかけに、白人警官が黒人の市民に対して、強引な尋問をエスカレートさせていくのですが……。

リアルな恐怖が描かれる映画『デトロイト』で、実際に暴動を経験した警備員メルヴィン・ディスミュークスを演じているのが、ジョン・ボイエガです。1992年3月17日生まれ、イギリス出身のジョンは、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のフィン役でブレイクし、2017年末に公開された続編の『最後のジェダイ』ジャパン・プレミアでも来日を果たしています。

『デトロイト』では迫真の演技を見せるジョンですが、実は日本文化が大好きというユニークな一面も。昨年の来日時に、「ホカゲになりたい(岸本斉史のマンガ『NARUTO -ナルト-』に登場する忍者の長・火影(ほかげ)のこと)」と発したほど、日本人にはうれしいマニアックな顔を見せてくれました。いつか忍者たちを率いる勇ましいジョンの姿に、出会えるかもしれません。

写真は、2017年12月、ロスで行われた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』プレミアにて。

(c)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

BACK

2/5

NEXT

実在の人物を臨場感たっぷりに演じ切る

映画『デトロイト』のワンシーン。メルヴィン・ディスミュークス役を好演。

(c)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

BACK

3/5

NEXT

自身が演じた役のモデルになった本人と共に

2017年7月、映画『デトロイト』のプレミアにて。右がメルヴィン・ディスミュークス氏。

photo:gettyimages

BACK

4/5

NEXT

フォーマルスーツは、ひとつボタンでシャープに

大きめの蝶ネクタイがかわいい。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ヨーロッパプレミアにて。

photo:gettyimages

BACK

5/5

NEXT

トップと足元は同系色でそろえる法則

シンプルでかっこよく魅せるカジュアルコーデの王道。ボトムは無彩色の黒で締めて。ロンドンで行われた『最後のジェダイ』フォトコールにて。

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:CULTURE

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ