最新曲からヒットソングまでを披露 ジャスティン・ティンバーレイクの豪華なハーフタイムショー!

ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake) photo:gettyimages

NFLのチャンピオンシップ、スーパーボウルの見どころのひとつであるハーフタイムショー。今年のパフォーマーはジャスティン・ティンバーレイク。ジャスティンは過去にイン・シンクとして、そしてジャネット・ジャクソンと共に出演経験があり、ハーフタイムショーのステージは3度目となるが、ソロでは今年が初めて。『Cry Me A River』『Suit & Tie』などのヒットソングや、2月2日にリリースしたばかりのアルバム『Man of the Woods』から『Filthy』を歌い上げました。観客に携帯のライトを照らしてもらったり、『Mirrors』では、タイトルにちなんで鏡を使った演出も。最後は、アップビートな『Can’t Stop the Feeling』で会場を大いに盛り上げ、フィナーレ。

開催地であるミネアポリス出身のシンガー、プリンスのトリビュートとして『I Would Die 4 U』をピアノを演奏しながら歌唱。彼の頭上にはプリンスの映像が映し出され、感動的なシーンもありました。

ちなみに毎年人気歌手が行う試合前の国家斉唱には、今年はピンクが選出。「1991年に私のアイドル、ホイットニー・ヒューストンを見た時からこの時を待っていた。そしていま、ついにチャンスが巡ってきたの」と、スーパーボウルの舞台で歌うことが夢だったことを前日に明かしたピンク。そして幸運にも、ピンクは出場チームのフィラデルフィア・イーグルスの大ファン! 「家族や世界中の人の前で国家を歌えることを誇りに思う。それにイーグルス⁉︎⁈いつものようにベストを尽くすと約束するわ」と同時に意気込みも語っていました。宣言通り、完璧なパフォーマンスを披露したピンクだけど、実はインフルエンザにかかってたのだそう。それを感じさせない力強い歌唱には、選手も鼓舞されたこと間違いなし。

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:CULTURE

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ