女の子カラーだけど甘くない! ピンクをスパイシーに仕上げるクリステン・スチュワート

クリステン・スチュワート(Kristen Stewart) photo:gettyimages

映画『トワイライト』のベラ・スワン役で大ブレイクした女優、クリステン・スチュワート。彼女の名前を聞くと一番に思い浮かぶのが『トワイライト』、という方も多いのでは。そんな彼女は今では打って変わり、ピクシーカットにスモーキーアイや目を囲むアイラインなど、いつしかエッジィな印象の強いハンサムな女性へと変貌を遂げています。

そんな彼女が、ファンキーなヘアメイクやライフスタイルとは対照的な、フェミニンなピンクアイテムを取り入れたコーディネートを披露してくれました。

クリステン自身の初監督作品、『Come Swim』のLAプレミアに訪れた彼女は、目を引く鮮やかなヴィヴィッドピンクのワイドパンツが印象的。ビッグシルエットのパンツだから、トップスはピタリと体にフィットしたクロップドTシャツで、バランスもシルエットも整えています。

トップスの身頃は遠くからだとレースのように見えるけど、そこはさすがクリステン。レースではなく、ダメージ加工という辛口なアレンジがされたトップスを選択。女の子っぽいピンクのパンツにも、自身のパーソナリティーに合ったエッジィな要素をバランスよく加えているところはさすが。

仕上げには、目元は彼女のトレードマークとも言える囲みアイラインで、目力アップと意思の強そうな印象を。甘くなりがちなピンクアイテムをも、自分らしい辛口なスタイルへと変えることができてしまうクリステンの個性に脱帽です!

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:FASHION

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ