ハリウッドでも引っ張りだこ! ロザムンド・パイクに学ぶ、ヒョウ柄を品良く見せる方法

ロザムンド・パイク(Rosamund Pike) photo: gettyimages

映画「ゴーン・ガール」での迫真の演技により、ハリウッドでも活躍中の英国出身の女優ロザムンド・パイク。芸術一家に育った彼女は、演技も完璧なら着こなしも完璧。白やグレイ、ブラックといったシックな色みを使った装いに注目が集まります。

この日はパリファッションウィーク中に行われた〈ディオール〉のショーを訪問。ドレスワンピにファーコートというパーティルックは、彼女らしい白と黒の2色のみを使い、控えめかつ上品に構成。ヒョウ柄がゴージャスな印象を与えるハーフコートは、袖を通すことなく肩掛け。ポンチョのようなシルエットで着こなし、軽快なムードを漂わせます。インナーのドレスワンピは白をチョイス。ヒョウ柄のコートと色を馴染ませて、派手派手しく見せないところが大人な印象を与えます。

また、マスキュリンなティアドロップサングラス、小振りなハンドバッグ、エレガントなハイヒールパンプスなど、小物類はすべてブラックで統一。辛口なデザインと色を散らすことで、装い全体がシックに引き締まって見えます。ヒョウ柄を嫌みなく着こなしていて、良家の品を感じる装いです。

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:FASHION

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ