クリステン・スチュワートが、カンヌ国際映画祭で驚きの行動に! その深いワケとは

クリステン・スチュワート(Kristen Stewart) photo:gettyimages

「フラットシューズは禁止」という暗黙のルールがあるカンヌ国際映画祭。そんな女性にのみ課せられたドレスコードが存在する中、驚きの行動にでた女優がひとり。

『トワイライト』シリーズでおなじみのクリステン・スチュワートは、映画祭開催中に行われたスクリーニングイベントに、〈クリスチャン・ルブタン〉のパンプスを着用。カメラの前でポーズをとった後、彼女は、はいていたパンプスを脱ぎ、はだしで階段を上って行ったのです。

どうやらこの大胆行動、クリステンなりの意思表示だったみたい。彼女は「人々はあなたがハイヒールを履いていかなかったら、動揺するわ。もうそんなルールはやりすぎだと思うけど、まだ消えないのよね。男性にハイヒールとドレスを着ることを要求できないのなら、私にもできないわ」と、『Hollywood Reporter』話していたことも。

過去にも、レッドカーペットを歩いたあと、スニーカーに履き替えたり、今まであったルールを覆してきたクリステン。ブレない行動がかっこよすぎる!


関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:LIFESTYLE

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ