トップモデル、タイラ・バンクスが抱えていた、意外なコンプレックスとは?

タイラ・バンクス(Tyra Banks) photo:gettyimages

『スポーツ・イラストレイテッド』の水着特集号に登場したり、ヴィクトリアズ・シークレットの看板モデルのエンジェルにも抜擢されたりと、トップモデルとしての地位を確立してきたタイラ・バンクス。申し分のないキャリアとプロポーションを持つ彼女だけど、実はモデル時代にある悩みを抱えていたと『E!Online』のインタビューで明らかにしました。

「ヴィクトリアズ・シークレットのランウェイを歩くとき、私はいつもおしりを隠していたわ。世間の人は、“彼女はトップエンジェルのひとりだから、長いトレーンを着ているんだ”と考えていたみたい。いいえ、私はセルライトを隠していたの」と、セルライトに対してコンプレックスがあったことを告白。鼻を整形した経験があることも明かし、不安を取り除けるのなら、セルライトも除去するとオープンに話していました。

以前『PEOPLE』誌には、「直すか見せびらかすか、女性はどちらを選択してもいいようにあるべきだと思うわ。私たちは女性として批判してはいけない」と語っていたことも。コンプレックスを抱える女性にとって、タイラの存在はとっても心強い!

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:BEAUTY

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ