サプライズに会場歓喜 クリスティーナ・アギレラのライブにリル・キムが登場!

photo:instagram(@xtina)

最新アルバム『リベレーション』を引っ提げた10年ぶりのツアーが終盤を迎えるクリスティーナ・アギレラ。今回のライブでは、『Maria』、『Fall in Line』などといったアルバム曲から、『Genie in a Bottle』、『Dirrty』、『Ain’t Other Man』、『Beautiful』などなど、過去のヒット曲も盛り込んだセットリストとなっているようなのだけど、ニューヨーク公演ではあるビッグサプライズがあったよう!

クリスティーナはピンク、マイア、リル・キムとコラボした2001年公開映画『ムーラン・ルージュ』の主題歌『Lady Marmalade』を披露。曲の途中で「サプライズがあるわ。リル・キム、リル・キム、リル・キムよ!」と、紹介し、ラッパーのリル・キムがステージに登場! これには、会場全体から割れんばかりの歓声が上がりました。

さらには、ア・グレイト・ビッグ・ワールドも登場し、グラミー賞を受賞したコラボソング『Say Something』も披露。クリスティーナとビッグゲストのコラボパフォーマンスに、ファンは大喜びなのでした。

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:CULTURE

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ