アメリカ・フェレーラ、『旅するジーンズと16歳の夏』続編の可能性について明かす

photo:gettyimages

2005年に公開された映画『旅するジーンズと16歳の夏』。『ゴシップ・ガールズ』のブレイク・ライヴリー、『ギルモア・ガールズ』のアレクシス・ブレデル、『アグリー・ベティー』のアメリカ・フェレーラ、『Dr. HOUSE』アンバー・タンブリンらが主演を務めた青春映画で、2008年には続編『旅するジーンズと19歳の夏』が公開された。1作目の公開から14年経った今、同作の続編の可能性についてアメリカ・フェレーラが『ET Online』に語った。

「私たちの友情はまだ続いていて、映画を一緒にやった以上の関係になっているわ。映画の存在を忘れてしまいそうになるほどね」と、今でもなお親交があることを明かし、続編については、「まだ進行中の話」と話した。「しばらくの間(続編は)私たちの夢でもあるわ。私たちは今みんなママなの。たくさんのことが起こっているけれど、私たちは美しい友情を手にすることが出来たわ。みんなあの映画もストーリーも、映画の中と外の私たちの関係性も大好きよ。だから、実現させたいし、どうなるか様子を見ているところ」

1作目の公開から10年以上経った今でもなお、度々集まるほど仲がいいキャストたち。続編の実現を期待したい!

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:CULTURE

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ