ロミー・ストリドに学ぶ モードに仕上げるモノトーン

ロミー・ストリド(Romee Strijd) photo:instagram(@romeestrijd)

黒やグレーなど、どうしても暗色に偏ってしまうのが悩ましい秋冬のファッション。そんな時には、モノトーンで統一してしまうのもひとつの手。着こなし次第で、こなれたモード感を演出することが出来るのです。

モノクロが基調のはずなのに、ただならぬオーラを漂わせLAの空港に姿を見せたのは、モデルのロミー・ストリド。彼女がこの日着ていたのは、大流行中のグレンチェックのパンツに、黒のトップスとジャケット。ハイウエストのパンツの裾にはスリットが入っており、そこに足された丈の短いジャケットが、彼女の脚の長さを最大限に際立てています。

モードな雰囲気に更なる拍車をかけているのが、サングラスとキャスケット。無難ではなくクールなモノトーンコーデに仕上げたいのならば、小物使いも大事な鍵だと教えてくれています。

バッグは白黒のギンガムチェックで、色の統一感に注意しながらもさりげなくフェミニンな要素も。

それにしても、空港でも視線独り占めとばかりにカッコよく決まっているのは、さすがはプロのモデルです!

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:FASHION

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ