[イチオシ! イケメンcollection]#12 タロン・エガートン

ただ見るだけで乙女心をくすぐる罪作りなハンサム・ガイたち。むしろその罠に落ちたい(?)すべての女性たちにお贈りする、注目の男性セレブリティ・コレクション。アナタのお気に入りも登場するかも!?

タロン・エガートン(Taron Egerton) photo:gettyimages

BACK

1/5

NEXT

イギリス式一流紳士のたしなみの、忠実なる継承者

イギリス・ロンドンにある高級テーラー『キングスマン』。一見、普通の洋服仕立て店に見えるそこは、実はスパイ組織「キングスマン」の拠点だった……。といった内容のコミックを原作とした映画『キングスマン』(’14)。さすが表の顔がテーラーだけあって、そこに所属するスパイたちは、全員がいつもかっちりしたスーツに身を包んでいます。まさに「スーツが戦闘服」を地で行くスタイルが、どんなに汚れても優雅に見えるのは、イギリスが誇る「英国紳士の在り方」を忠実に受け継いでいるからでしょう。

そんな若手キングスマンのエグジーこと、ゲイリー・アンウィンを演じたのが、タロン・エガートン。1989年11月10日生まれのタロンは、イギリスのウェールズ出身で、名門RADA(王立演劇学校)を卒業しています。そういう意味では、演劇のエリートとしての教育を受けているためか、どんな表現でもなんでもござれ。『キングスマン』の戦うシーンは激しくも美しく、映画『イーグル・ジャンプ』では、実在のスキージャンプ選手、マイケル(エディ)・エドワーズ役を演じ、ミュージカルアニメ『SING/シング』では、艶やかな歌声を披露しています。

さらにタロンは、続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年1月5日公開)でも、再びエグジー役を好演。どれほど卑劣な敵に対しても、エレガントに、対等にふるまうエグジーは、あくまでも「英国紳士の在り方」を貫きます。その徹底した流儀は、前作よりも成長し、一流スパイとなったエグジーそのままに、タロン自身も着々と力をつけている証なのでしょう。

写真は、2017年9月、ロンドンで行われた『キングスマン:ゴールデン・サークル』ワールドプレミアにて。

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

BACK

2/5

NEXT

鮮やかなオレンジのフォーマルジャケットでモダンに

『キングスマン:ゴールデン・サークル』のエグジー。黒×オレンジの色使いが、フォーマルながらエッジのきいたスマートな印象。

photo:gettyimages

BACK

3/5

NEXT

襟元がバンドカラーのシャツで、カジュアル&クリーンに

サンディエゴのコミコンにて。『キングスマン:ゴールデン・サークル』で共演のコリン・ファース、チャニング・テイタムらと。

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

BACK

4/5

NEXT

アクセサリーや小物にもこだわるのが英国紳士スタイル

恩師ハリー・ハート(コリン・ファース)と共闘するエグジー。『キングスマン』のめがねフレームは、カトラー&ビジネス社の手細工製品。腕時計はタグホイヤー、万年筆はチャーチルも愛用したコンウェイ・スチュワート社製と、一流ブランドを使用。

photo:gettyimages

BACK

5/5

NEXT

ジーンズ+スタンダードカラーシャツで優雅さを演出

『イーグル・ジャンプ』で共演したヒュー・ジャックマンと。2016年3月、ソウルにて。

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:CULTURE

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ