肌見せはやっぱり重要! オールブラックコーデでも女性らしさを大事にするクリステン・リッター

クリステン・リッター(Krysten Ritter) photo:gettyimages

『お買いもの中毒な私!』、『ヴェロニカ・マーズ』シリーズ、『ブレイキング・バッド』などに出演しているクリステン・リッター。最近では、現在2シーズンまで配信されているネットフリックスとマーベル共同制作の話題作『ジェシカ・ジョーンズ』の主演に抜擢され、人気、知名度共に上昇中。そんな彼女は以前ファッションモデルとして活動していたこともあり、高いファッションセンスにも定評が。

先日トーク番組に出演した際、クリステンは全身ブラックコーデで登場。クールな印象のオールブラックに、加えてアウターはレザージャケットとくれば、かなりスパイシーな仕上がりかと思いきや、女性らしさも感じるコーディネートだったのです。

その理由のひとつは、やっぱり肌見せ。彼女が着る黒のワンピースは、胸元が大きく開いた作りで、女性らしさを最大限に引き出しています。大胆すぎるくらいの露出で、黒特有の重厚感も軽減。ところどころ裾にレースがあしらわれたデザインも、フェミニンで素敵!

そして足元はニーハイブーツで、ここでも太ももをチラ見せしたセクシーな演出! それだけでなく、細身のシルエットがスタイルアップにつながり、足元も女性らしさを感じるポイントに。

さすがファッションモデルの経験があるクリステン。クールなオールブラックでも、こんなにも女性らしさを表現できるテクニックは、いますぐ盗みたい!

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:FASHION

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ