[イチオシ! イケメンCollection]#33 ジェレミー・アーヴィン

ただ見るだけで乙女心をくすぐる罪作りなハンサム・ガイたち。むしろその罠に落ちたい(?)すべての女性たちにお贈りする、注目の男性セレブリティ・コレクション。アナタのお気に入りも登場するかも!?

ジェレミー・アーヴィン(Jeremy Irvine) photo:gettyimages

BACK

1/5

NEXT

戦火をくぐりぬけた馬を育てた少年は、人を愛するチャーミングな青年に

ショウビズ界では、大ヒットした作品の続編の製作が花盛りですが、現在公開中の映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』もそのひとつ。2008年に公開された前作『マンマ・ミーア!』は、1999年上演の同名ミュージカルが原作です。スウェーデンの音楽グループABBAの楽曲のみで構成された「カタログミュージカル」を映画化し、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)と、娘ソフィ(アマンダ・サイフリッド)をめぐって、ソフィの父親候補3人が登場するロマンティックコメディです。

その父親候補となる3人は、建築家のサム役にピアース・ブロスナン、銀行家のハリーにコリン・ファース、旅行作家のビルにステラン・スカルスガルドがそれぞれ扮していました。続編となる映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』では、前作から10年後を舞台に、妊娠したソフィが母親と父親候補3人の過去を知ることになるストーリーです。

その中で、サムの若い頃を演じているのが、イギリス出身のジェレミー・アーヴィン。1990年生まれのジェレミーは、ディズニー・チャンネルに出演していましたが、2011年、スティーヴン・スピルバーグ監督がメガホンを取った映画『戦火の馬』の主人公の少年・アルバートに大抜擢されたシンデレラボーイ。マイケル・モーパーゴによる児童文学を原作にした同作は、第一次世界大戦の最中、過酷な状況で生き抜いた奇跡の馬ジョーイと、アルバートの絆を描き、アカデミー賞6部門にノミネートされました。馬と心を通わせる純粋な少年は、恋とは何かを演技で語る魅力的な青年に成長しています。

写真は、2017年4月、オメガの時計誕生60年を祝うイベントにて。

photo:gettyimages

BACK

2/5

NEXT

年を重ねるとピアース・ブロスナンになる?

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』のプレミアにて。現在(?)のサムと。ジェレミーもダンディになりそう。左は、共演のアンディ・ガルシア。

photo:gettyimages

BACK

3/5

NEXT

動物の柄でユニークさを投入

えんじ色のシャツには、よく見ると「クマ」のシェイプがちりばめられている。シンプルなトーンには、キュートな模様で個性を出すのもひとつの手。

photo:gettyimages

BACK

4/5

NEXT

馬の次はバイクに乗ってごきげん

飛行機に乗った飛行士たちがその技を競い合うエアレースに出席。会場では特殊なバイクも乗りこなして楽しそう!

photo:gettyimages

BACK

5/5

NEXT

かつての美少年はこんなに大人になりました

なつかしい! 2012年1月、『戦火の馬』のUKプレミアにて。となりはもちろん、巨匠スピルバーグ監督。

関連記事

NEW POST

記事(新着順)をもっと見る

注目フォト集

フォト集をもっと見る

CELEB&BRAND

人気キーワード

CATEGORY:CULTURE

人気キーワード一覧

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ